ケンミンショー 岩手編

 「秘密のケンミンshow」で岩手県が紹介された日のことです。
 ここ数年、ブログを通して岩手県の方たちとお近づきになりました。同時代に生活していることで分かち合える話題を、文字を通して交歓できているのではないかと思っています。会ったことはなくとも相手の思いは伝わり、不思議と人柄を感じ取ることもできます。

 でも、私にとって「岩手県」は未知の世界です。
 そう普段の会話さえよくイメージできません。それにきっと同じ味噌汁の写真を見ても想像する味は違うことでしょう。

 ある地域では「フツー」だと気にも止めないようなことが、他県の人にとっては真剣にびっくりしてしまうことがあります。そんな「フツー」のことを紹介してくれるこの番組でもう一歩「岩手県」とお近づきになりたいな、と楽しみにしていました。

 興味津々の不調法饅頭(ぶちょうほうまんじゅう)、うっかり上品ぶって齧ると黒蜜が飛び出してくるのですって。食べてみたい♪
 朴訥で理想主義な県民のイメージは、県民が愛し誇りに思う「石川啄木」と前編では登場しなかったけれど、「宮沢賢治」に代表されているように思えます。
 それはきっと「ふるさとタクシー」の丁重なお客さんへの対応に表れているのでしょう。多分、イラチの大阪人には、
「そんなんええから早よ行って…」と、言われそうな気もしますが… ^^

 やっぱり行ってみなきゃね。岩手県。きっといつか…。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-10-15 23:59 | 社会科