今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

秋の夕暮れ

 まだ暖房を入れるには少し早い、そんな日の夕暮れ時はことさら寒さを感じます。


 昼間は暑いくらいなのに、日が落ちた途端に掌を返したかのように冷たい風に変わります。一緒に遊んでいた友達ともサヨナラです。
 すとんと落ちていく夕日を見送った後、明りのない家の玄関を開けると家の中からも別の寒気が流れてくるようでした。だれもいない家に帰った時に感じるとらえどころのない感情をうら寂しいというのかもしれません。

 寒いのか、心細いのか、両方なのか、
 だけど、そんなうら寂しい思いをしてきたことも決して意味のないことではなかったな、と思います。

 病院での勤務を終え買い物をして、帰宅するとすぐに台所に立った母が一番のぬくもりでした。
 おかずができていく音と匂いがさっきまでの不安定な気持ちをほぐしてくれました。特別な料理ではなくても、ただお鍋のお湯がしゅうしゅうと音をたてただけでも感じた暖かさは何だったのでしょう。


 11月にはいって、急に気温が下がりました。
 こんな日は煮物をすると暖かい、私の経験値が教えてくれます。
 聖護院大根と厚揚げをたきました。何の変哲もない煮物です。ことこと、ことこと時間をかけてゆっくりと。
 お醤油の香りが漂い始めると、不思議と部屋の中もほっこりしてきたようです。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-11-06 23:59 | 思い出話 | Comments(8)
Commented by 風屋 at 2009-11-09 17:48 x
かじかんだ手をポケットに入れ、鼻水を啜りながら
刈り入れ後の藁山の上でのプロレスごっこを終えて家に帰ると、
暗く寒い家の中で妹が上着を着たままTVを見てました。
「寒いだろ」と私が石油ストーブにマッチを落とすと、
妹はそばに寄ってきて「あったかいねー」と
ニコニコしながら私の顔を見るのでした。
当時の石油ストーブへの点火はやっかいだったので、
私だけに任されて、妹は禁じられていたのです。
本当は早く帰って家の中を暖めなければならないのに
暗くなるまで暴れ回っていた小さい頃の私でした。
両親は8時頃にならなければ帰って来ないので、
それまでに宿題を終わらせることになってはいましたが・・・
Commented by カンナ at 2009-11-09 19:38 x
昨日の夕日は、まるでほおずきのような朱で、比良の山並の向こうにゆっくり沈んでいきました。
カメラを持っていればよかったのですが・・・

薪ストーブの力強い暖かさに憧れる季節ももうすぐです。(一台欲しいんですが、もろもろのイニシャルコストが・・・)
Commented by h_with_the_wind at 2009-11-09 21:25
☆風屋さん
兄妹っていいな、と羨ましくなりました。
お兄ちゃんには、お兄ちゃんの付き合いだってあるし…。でも、じっと
待っていた妹の笑顔にちくりと心が痛んだりして…。
石油ストーブに点火できるお兄ちゃんは、妹さんにとってヒーローだったのでしょうね。
Commented by h_with_the_wind at 2009-11-09 21:27
☆カンナさん
薪ストーブ、いいですよね。
火は見ているだけでも心が暖まります。

生活からどんどん火が消えていきます。安全のためとはいえ、いいのかな?これで…。
Commented by 風屋 at 2009-11-10 10:08 x
毎年恒例の実家の柿もぎをしました。
かなりの大木になり、隣家へも迷惑をかけているので、
今年は横に伸びた枝ごと切り落としました。
直径10cmほどの枝を細かく切り分けながら、
「薪ストーブならかなりの日数分の燃料になるな」と
ふとホームセンターで薪ストーブを物色した風屋です(^_^)
小さいものだと2〜3万円で鋳物のストーブ買えるんですね。
でも細かく部屋割りしてある我が家ではちょっとね・・・
ということで、吹き抜けの大きなリビングを持つ
ログハウスの別荘が欲しくなってきました。
柿の枝の処分のためにログハウス建てるか?(笑)
Commented by カンナ at 2009-11-10 22:16 x
実家のお風呂はガスボイラーになってまだ10年経っていません。
それまでは薪をくべて沸かしていたのです。(「北の国から」みたいですね)
吹雪の日などは、北西の強い風が煙突から出ようとする煙を押し込んでしまうため、家の中で燻製が出来そうでした^^;柔らかく冷めにくいあのぬくもりは、二度と手に入らないものになってしまいました。

家の裏手に薪を積んだお宅をみると、「お風呂かな?」って思います。
Commented by h_with_the_wind at 2009-11-10 22:23
☆風屋さん
柿の枝の処分のためにログハウスを建てる!いいですね!
柿の枝を集めて建てるんじゃないですよね(笑)。
ログハウスを建てられたら、是非、招待してください。お祝いに薪ストーブを送りますから。
Commented by h_with_the_wind at 2009-11-10 22:25
☆カンナさん
学生時代に薪のお風呂に入ったことがありますよ!
そうか煙たいと思ったのは、煙が逆流していたのね…。