綿入れ半纏(はんてん)

 大学に入って一年目の冬、私は女子寮にいました。女の子が集まると、そこで小さなブームが起きることがあります。
 東北出身の友人のところに故郷のお母さんから「綿入れの半纏」が送られてきました。
 「こんなの着ないよ~」と、少し渋い顔の本人と、それを見て
「受験の時に半纏を着て勉強したよ」と、懐かしそうに言う友達。
 ふたりの間で、本物の半纏を見るのは初めてだった私は、小さなカルチャーショックさえ受けていました。

 そんな私の所へ、
「北海道は寒かろう…」と、福岡に住む母の叔母が綿入れの半纏を縫って送ってくれました。
 嬉しかったなあ♪ めんこいっしょ!
 受験の時に着ていたという友達も実家から送ってもらって、いつしか仲間内での小さなブームになりました。

 おととし、呉服屋さんの店頭で「半纏」を見つけました。懐かしくてつい立ち止まってしまいました。中は化繊のようで、綿入れ程ずっしりとしていません。
 長女が着るかな、と思って買いましたが、あれこれ重ね着が嫌いな長女には呆気なく却下されました。

 今年、戦国ブームの次女に見せると
「可愛い!着てもいいの?」と、飛び付きました(笑)。以来、夜になると着ぶくれした次女が編み物をしています。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-11-18 23:59 | 思い出話 | Comments(5)
Commented by 風屋 at 2009-11-28 16:49 x
ウチの母ちゃんの大学寮時代の写真も綿入れ半纏姿でした。
正しい良性の姿でしょう(笑)
私のように、大学の初登校日にひげ面&綿入れ半纏着て
臆面もなく登校するのは間違った姿です(笑)

ちなみに当地では
「綿入れ(わだいれ)」or「はんど」と言います。
Commented by 風屋 at 2009-11-28 16:49 x
良性→寮生・・・(-"-;
Commented by カンナ at 2009-11-28 18:59 x
当方では「でんち」または「でんちこ」^^
どういう字を書くのか、どういう意味なのか、まったく不明。今ネットで調べてたら、東海方面で言う言葉らしいことはわかりましたが、滋賀県内でも広範囲で使用されているようです。袖がないものを指すことがあるようです。
私が結婚前に実家で着ていた赤い「でんち」は、上の娘がまだ寝てばっかりの赤ちゃんの頃(自力で移動できない頃)毛布代わりに着せていました。
↑風屋さん、ステキ!
Commented by h_with_the_wind at 2009-11-28 22:54
☆風屋さん
うふっ、実は奥様とは寮でご一緒でしたのよ。なーんてね(笑)。
風屋さんは、バンカラだったのですね。それとも反抗期?
そんな風屋さんとキャンパスで出会っていたら、きっと私はスルーしていたことでしょう。これも立派な反抗期ですね(笑)。

「はんど」アクセントは「ど」?
Commented by h_with_the_wind at 2009-11-28 22:58
☆カンナさん
「でんち」、「でんちこ」
へえ、地方で言い方が違うんですね。
お譲ちゃんがカンナさん譲りの赤いでんちを着る日も近いかな♪

おっ、風屋さんファンがいた!