今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

お宝?

 「雲の上の坂道」に続いて「龍馬伝」。このところNHKドラマづいている私は、「蒼穹の昴」も見ています。

 舞台は清朝末期の故宮です。
 蒼穹の昴では、北京の中心部に位置する故宮と同じスケールのセットが作られて撮影が行われたとのことです。

 「じゃあ、ラストエンペラーもこの同じセットで撮られたのかなあ」と、夫が言いました。
 ラストエンペラーは、1987年に公開された清朝最後の皇帝を描いた映画です。イタリア、中国、イギリスの合作で、坂本龍一さんも参加した国際色豊かな作品でした。
 「あの時代なら実際に故宮で撮影したんじゃないかな」と、昔の映画のパンフレットを探しに行きました。
 「えーーー、そんなんとってあるの?」と、夫は驚きました。

d0087062_2361231.jpg

ラストエンペラーのパンフレットより


 細部の撮影にはセットを組むこともあったようですが、実際に故宮で撮影されたとの解説が載っていました。


 私は自分で映画を見に行くようになってから、これという理由もありませんが、パンフレットを買っては貯め込んでいます。
 「もしかして、これってお宝ちゃう」と、夫に言われました。
 ホント?そうなのかなあ。


d0087062_2365613.jpg

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-01-22 23:59 | わたし | Comments(2)
Commented by 風屋 at 2010-01-25 13:13 x
み・見たいかも・・・<ラストエンペラーのパンフ
そりゃお宝ですぜ。

蒼穹の昴も
田中裕子さんのキャストに興味を持ってみたのですが、
北京語の口パクがイマイチで見るのを止めてしまいました。
Commented by h_with_the_wind at 2010-01-25 22:53
☆風屋さん
あっ、そうなんだ!大事にしようっと。

で、一般的にパンフレットは買わないものでしょうか。
買ってしまうと、今度は捨てられないのだけど…。