私の将来

 私の将来なんてタイトルをつけると、時節柄小学生か中学生の卒業文集のようですが、子供が成人式を迎えても、なお私にも将来はあるのだな、と思うこの頃です。
 お勤めをしている人なら退職後の、子育てをしている人なら子供が巣立った後の生き方、とでもいいますか…。

 いつからということでもありませんが、そんなに先のことでもなさそうです。
 振り返れば、これまで流れる水のようにその時々の状況に乗って生きてきたようです。

 かつて私は何になりたかったのか、今何をしている時が快適と感じるのか、そんなことをあれこれと思い巡らしています。
 両親の入院が続いて中断してしまった和菓子教室へ再び通いましょうか。以前、挑戦した陶芸も魅力的です。だけど、体力が続くでしょうか。
 誕生月に届いた年金の想定額を思い浮かべると、ニート?^^;

 もしかしたら大学を卒業して就職を考える時以上に選択肢も広くて自由度も大きいかもしれません。
[PR]
by h_with_the_wind | 2010-03-03 23:59 | わたし | Comments(2)
Commented by カンナ at 2010-03-08 22:39 x
そうですね、子育てなどがすこーし落ち着いて「み~な」を再開したのですが、これは私にとって近未来の可能性にひとつ挑戦した状態です。
いつまでやっていけるかわかりませんが、取材が楽しいと思えるうちは続けられるかな?願わくは、それが出来るだけ長い時間になりますように。
Commented by h_with_the_wind at 2010-03-09 06:06
☆カンナさん
そうやって生活とは違った柱を持っているカンナさんは、とても素敵です。是非是非いつまでも続けてください。
またそこから派生して違う道が開けるかもしれないという可能性も含めて。