スキンシップ

 10日の記事でハグについて書きました。
 そこから派生してスキンシップについて、つらつらと考えてしまいました。日本人は他者と触れ合うことをしないなあ、だとか、友達と手をつないで歩いたのはいつだろうとか。

 日本人は、満員電車の中で知らない人と体を触れ合っても平気なのに、親しくなればなるほど距離を置いてお辞儀をする、というのが、欧米人の評価です。
 うーん、とってもアバウトですけどね。満員電車で触れ合うのが「平気」とは言い難いし、深々とお辞儀をすることと親しさが比例するとは思えないし。


 娘たちを最後にハグしたのがいつだったのか記憶にありません。娘たちが成長して母親とのハグを拒むまで、私からは求めようとは決めていました。思春期を迎えて、拒んでみたり受け入れてみたり、行きつ戻りつ離れていったからいつとはいえないのでしょう。
 でも、幼稚園へお迎えに行った時、広げた私の腕の中に飛び込んできた長女の確かな手ごたえと抱き上げた時に両腕をしっかりと私の首に回してきた次女の温もりは今もはっきりと残っています。
 買い物についてきた次女の手をたわむれにとってみたら、ほっそりした指が絡んできました。私の一本の指に五指を使って摑まるのが精一杯だった日がつい昨日のことのように思えるというのに…。

 そうやって娘たちが離れていった頃から、夫は義母の家から帰る時、私は父の元から帰る時にハイタッチか握手をします。
 いつの頃からか、私たちはそうするようにしています。
[PR]
by h_with_the_wind | 2010-03-14 23:59 | わたし | Comments(6)
Commented by imuimu at 2010-03-21 13:03 x
一人暮らしになった母が
時々私の手を握っては『あなたも冷たい手ね。』って言います。
人肌の暖かさ、優しさが恋しいのかな?そんな風におもえました。
病床の父と毎回ハイタッチをして別れました。
今はその手の温もりと柔らかさが心の湯たんぽになっています(^^)

大きくなった息子の手は私の手を包み込む大きさになりました。
風懐さんと同じく小さかった手が懐かしく思い出されます。
Commented by h_with_the_wind at 2010-03-21 23:20
☆imuimuさん
同じ思いをされていたのね。
imuimuさんの手に触れたような暖かさを感じました。
あっ、手、冷たいんだっけ(笑)。

息子さんはどんどん逞しくなっていって、頼もしいですね。
Commented by geko at 2010-03-23 08:03 x
風懐さん、こんにちは。
ハグ、今も思い出すのは二男が小学校のころかな、
何があったときかは思いだせないのですが、
(ま、何か私が叱った後だったの思うのです)
後ろからぎゅっと二男を抱きしめたら、オイオイ泣きだしたんです。
息子三人の真ん中。色々と我慢したりしてたんでしょうね。
あの時の”ハグ ”は忘れません。
今は抱きたいけど、気持ち悪いって言われそうですね。(笑)
Commented at 2010-03-23 21:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by h_with_the_wind at 2010-03-24 22:27
☆gekoさん
何だかもらい泣きしそうです。
抱きしめられた記憶は、二男さんの意識とは別の記憶となって生きていることでしょうね。
Commented by h_with_the_wind at 2010-03-24 22:28
☆鍵コメさん
ありがとうございます。
私もお気持ちよくわかります。
こちらこそよろしくお願いします。