次女との旅Ⅰ

 旅行を決める時、どうしますか。
 旅行代理店に行って、行きたい場所を言う、という人に出会って驚いたのはもう随分昔になります。私は、できるだけ自分の手で計画します。時刻表であれこれ調べるのも苦になりません。

 春休みに次女と旅行しようと思い立ったのは、まだ高校受験の前でした。
 昨年は、長女の受験や祖父母の体調が優先で、次女はいつも後回しになっていました。今回は次女の行きたい所へ行こう、と決めました。

 受験を終えて、どこへ行こう、と次女に問うと
「まーくん!」→翻訳→『伊達政宗→仙台』
 いやいや、この時期の北国は雪解け前でよそ者が気軽にお邪魔できるような甘いものではありません。却下。
「ちーちゃん!」→翻訳→『長宗我部元親』
 うーん、多分、今行ったら坂本龍馬一色です。それに前に同じ季節に行ったし…。
「なりちゃん?」→翻訳→『毛利元就』
 そうね。いいかもね。

 と、いうことで『毛利氏への旅』を企画しました。

 それにしても「まーくん」に「ちーちゃん」に「なりちゃん」って。大丈夫かな、うちの子。女子高生になれるのでしょうか…マジ不安…。
[PR]
by h_with_the_wind | 2010-03-27 23:59 | 毛利氏への旅 | Comments(0)