次女との旅Ⅱ

 春休みに次女と『毛利氏への旅』に出掛けることにしました。

 ところで、毛利氏への旅というとどこを連想されるでしょう。
 かつて『歴女』だった私は、てっきり山口県だと思っていました。『歴女』こと歴史好きの女性の特徴のひとつは、通史というよりピンポイントな時代にハマることにあるようです。毛利といえば、次女にとっては戦国時代の毛利元就、私にとっては幕末の長州藩。300年近いギャップがありました!

 元就の時代と幕末では、その領土も居城も違います。予定を広島に修正!
 しかも追加で安芸の宮島が指名されました。
 なんで?あそこは、平家と違うの?またタイムスリップかと思いましたが、戦国大名としての毛利元就が、領土を拡大する大きな戦の場となったことを知りました。NKK大河ドラマ「毛利元就」が放映された頃は、まだ子育てに夢中で見ていませんでしたもの。

 自らの手で細かい旅行の計画を立てるのは、何年ぶりでしょう。
 それにしても国鉄からJRになって幾星霜…。周遊券も随分変わりました。今回の旅行では使えません。
 宿の予約は電話からネットに、時刻表の代わりに駅すぱあと、ガイドブックはネットからプリントアウト…。
 それでも最後に頼るのは自分の足です!
 では、いざ、出陣!!
[PR]
by h_with_the_wind | 2010-03-28 23:59 | 毛利氏への旅 | Comments(0)