ごー ぱありい

 「Go Party!」
 次女の最近の口癖です。何かにつけGo Party!

 次女が見ているアニメでは、マー君こと伊達政宗公は英語が得意だそうです。出陣の際にもGo Party!と叫ぶようです。
 It’s a Show time!と同じ使い方でしょうか。

 次女が頻繁に使うのを耳にしているうちに、私の中でピンと繋がる光景がありました。
 長女が幼い頃…。
 その時、私たちはアメリカに住んでいました。
 長女が現地のプレスクールに通い始めて間もなく、トイレへ行く時に、
「ごー、ぱありい」と断って行くことに気が付きました。
 子供は、身近なことから言葉を覚えていきます。「ごー、ぱありい」は、プレスクールで身についた習慣でした。
 そして、そのいいように私は花の都パリを思い浮かべました。トイレに行くことを「パリに行く」だなんて、なんておしゃれなんでしょう、と勝手に思い込んでいました。
 ホントは、Partyだったのですね。長女が聞いたままに発音したPartyは、日本人の母にはParisに聞こえたのですね。

 思い出したことを次女に言ってみました。
 「マー君、トイレ?」
 「………」 
 シカトされました。

追記:「ごー ぱありい」と私が本文で表記したのは、「Go potty.」で「おまる」とか、幼児語の「トイレ」だそうです。発音はよく似ている、と専門の方からご指摘をいただきました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2010-04-11 23:59 | 思い出話 | Comments(2)
Commented at 2010-04-14 23:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by h_with_the_wind at 2010-04-15 07:09
☆鍵コメさん
ありがとう!
英語は聞いたままで、自分の知っている単語で解決しようとするから間違って覚えるのですね。

「ごー ぱありい」と私が本文で表記したのは、「Go potty.」で「おまる」とか、幼児語の「トイレ」だそうです。発音はよく似ている、と専門の方からご指摘をいただきました。
ありがとうございます。
ここに書いて良かった ^0^/