隣の人は…

 気のせいか最近また昔のように電車の中で本を読む人を見かけるようになりました。一時期は、読書する人がいなくなったなあ、と思っていたのですが、私の乗る時間帯が変わったためでしょうか。

 私の隣に乗り合わせたスーツ姿の男性は、座るとすぐに鞄から一冊の分厚い本を取り出しました。
 「あっ、あれだ!」
 男性は、丸善のカバーがかかったその本のしおりの個所を広げて、すぐに本の世界に入っていかれました。

 「ほらね」
 そおっと目を動かして広げられた本の文字を覗いてみると、『青豆』の文字が浮かんできました。
 親近感♪

 「私、もう読みましたよ」
  えっ、という困惑した顔。
「とまらなくなっちゃって。
 今、どのあたりを読まれているのですか、真中くらいですよね。もう天吾はお父さんの病院に行ったのかしら?
 でも、あれですよね。この小説を読んでいると、現実と隣り合った別の世界があっても不思議には感じませんよね。
 クロニクルは読まれました?ちょっとしたことで人生が思わぬ方向へ行ってしまう、ってことありますよね。過去について『たら』『れば』はなしだとは分かっていても…、あの時ああすればよかった、とかってことありますもん……」

 なあんて、想像です。
 もしも隣に座った人に話しかけていたら、違う世界の扉が開いたかもしれないけれど……。
[PR]
by h_with_the_wind | 2010-04-28 23:59 | 課外活動 | Comments(2)
Commented by 風屋 at 2010-05-07 12:57 x
ワタシもようやく読み始めました。
スーツ姿のおっさんであるワタシですから
もちろん電車の中でです(笑)
Commented by h_with_the_wind at 2010-05-08 07:01
☆風屋さん
おや、電車で乗り合わせたのは、風屋さんでしたか?(笑)


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧

最新のコメント

✩さくらさん ホント、..
by H_with_the_wind at 16:26
木陰のベンチやラグで読書..
by さくら at 01:03
✩チェイルさん ありが..
by H_with_the_wind at 19:06