国を意味する「スタン」

 前日、グルジアについて調べるために地図を見ていて思ったことを書いてみます。
 私の手元には、2冊の世界地図があります。1冊は長女が中学時代に使っていたもので、もう1冊はベルリンの壁が崩された直後に買った91年度版です。この91年度版を見ています。

 「ソ連は15の共和国と8つの自治州からなり…」と、高校時代に習いました。ソ連時代、ソ連邦を構成していた15の共和国に絞ります。
 見事なくらいに母体となるロシア共和国を縁どって並んでいます。
 北方のバルト海からロシアの国境に沿って南下するとエストニア共和国、ラトビア共和国、リトアニア共和国、ベラルーシ共和国、モルドバ共和国、肥沃なウクライナ共和国を経て黒海に至ります。そこで東へ進路を変えると、黒海とカスピ海の間にグルジア共和国、アルメニア共和国、アゼルバイジャン共和国が並びます。カスピ海を越えて天山山脈という天然の要塞までにトルクメン共和国、ウズベク共和国、タジク共和国、キルギス共和国、その4つの共和国の北側には広大なカザフ共和国が位置しています。

 ひとつの巨大なソ連という国が崩壊して、ロシアの前線となっていた国々は独立していきました。
 そのうちカスピ海と天山山脈の間に位置する国々は、国名をトルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスタン、カザフスタンと変えました。イスラム教徒のこれらの国では、「共和国」の名前がとれ、以南のアフガニスタン、パキスタンと同様、ペルシャ語で「国」を意味する「スタン」という語尾がつきました。アフガニスタンがアフガン人の国を意味するように、国名が民族と言語を表明しています。

 社会主義は宗教を否定していましたが、ソ連が共和国連邦を維持するためには融和政策も必要でした。ソ連でも宗教の自由は憲法で保障されていたというと意外でしょうか。

道標4
[PR]
by h_with_the_wind | 2010-05-09 23:59 | 社会科


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧