主人公

 このあいだのミュージックフェアには、さだまさしさんが出ていました。
 さださんの息子さんがユニットTSUKEMENの一員としてデビューされたとか。さださんは、「イケメンまでいかないからツケメンでいいんじゃないか」のひと言でユニット名が決まったといいますが、メンバーは皆なかなかのイケメンです。
 昔、私たちが聞いていた歌手の子供さんたちが成長して、活躍するような時代になってきたのですね~。
 「おばちゃん、あんたが生まれた時から知ってるで~」って言いたくなります(笑)。

 学生時代、仲の良かった友達がさだまさしさんの歌が好きでした。影響されて私もLPを借りてよく聞いていました。コンサートにも誘われたけれど、そこまではしませんでしたっけ。行っておけばよかったかな、と今になって思っています。

 学生時代にたくさんの歌手のたくさんの歌を聞いたけれど、今もふとした瞬間に蘇るのがさだまさしさんの歌だったりします。不思議なことに…。

 ミュージックフェアで久しぶりに『主人公』を聞きました。
 この30年間、ずっと人気ナンバーワンの曲だそうです。きっと歌詞の中に出てくる

♪ 私の人生の中では 私が主人公だと ~


 このひと言が人気の秘密ではないかと思います。
 私にとって、迷った時にふと思い出して前に踏み出す勇気をもらえるのがこのフレーズです。
 『私の人生の中では 私が主人公』
(^O^)

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-06-14 23:59 | 思い出話 | Comments(2)
Commented by 風屋 at 2010-06-21 08:42 x
正直、高校〜大学の頃はキライでした。
関西フォークやらBluesやらJAZZやらを聴いていたワタシ。
肩肘はって、社会につっぱって生きていたので
あまりに生ぬるく、優し過ぎに聴こえていたのだと思います。
でも今あらためて聴いてみると・・・いいですねぇ。
さださんの歌詞やメロディーは
心の襞の隙間にそっと入って来る気がします。
これって歳とったってこと?(笑)
Commented by h_with_the_wind at 2010-06-22 06:35
☆風屋さん
同感です!
山肌に浸みこんでいた水が、時に表れて安らぎを与えてくれるような…。

歳をとるのも悪いことばかりじゃないね(笑)