龍馬伝3 

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」は、岩崎弥太郎の
「俺はあいつが嫌いじゃ!」と、いう衝撃的な言葉から回顧録の形式で始まりました。

 それから半年。
 これほどまでに熱い展開の大河ドラマがあったでしょうか。時に圧倒されながら、時に青春ドラマかと錯覚しながら、見ています。動乱の幕末期、そこに生きていた人達ひとりひとりの迷い、苦悩、喜びが生活感を伴って伝わってきます。

 それにしても「龍馬伝」で描かれる坂本龍馬、カッコ好過ぎます!
 女なら惚れてしまうやろ…、男なら嫉妬するやろ…。
 ドラマの冒頭で龍馬のことを「嫌いだ!」と断言した岩崎弥太郎の気持ちがわかるような気がします。
(#^.^#)

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-05 23:59 | 社会科 | Comments(2)
Commented by 風屋 at 2010-07-14 23:02 x
ちとカッコ良過ぎかな(^^;
私は作りのリアルさに興味を持って見てます。
ドキュメンタリタッチのカメラワークや絵作り、
リアルによれた着物や髷や汗、弥太郎の歯(笑)
今までにない時代劇ですよね。

しかし、
大河ドラマ毎に同じ登場人物を演じる人が違う。
同じ人にずーっと演じて貰うわけにはいかないのかな(笑)
Commented by h_with_the_wind at 2010-07-15 21:52
☆風屋さん
友達のためにすべてを投げ出すなんて、カッコ良過ぎですよ。
吉田東洋殺害犯は、坂本龍馬だという説もあるそうですね。

汗や埃…、ほつれた髪に日に焼けた女優さんたち…リアルですね。

篤姫の大久保利通が、近藤勇になっていたのには、ひきました(笑)