スターウォーズ

 ここのところ夜中になるとリビングからスターウォーズの力強いテーマソングが聞こえてきます。
 BSでエピソード順に、連夜スターウォーズを放映しています。遅くに帰宅した夫は、毎晩その日に録画した映画を見ています。

 エピソード4から始まったスターウォーズは、子の時代を描くのに3話を費やし、時代を遡ってエピソード1からの3話で親の時代を描いています。
 今回の放映は物語を時系列に放映するというのがひとつの目玉で、世界初の試みだそうです。うーん、日本人が好みそうです。

 スターウォーズ・エピソード1が放映された時、私は冷めていました。アメリカの娯楽映画にどうして皆が熱中するのか、理解できませんでした。世の中に背を向けていたのは、単なる反抗期だったのでしょうか(笑)。

 初めてスターウォーズを劇場で見たのは、エピソード6でした。
 「途中から見てもわかるから…」と説くまだ結婚する前の夫に連れられて行きました。
 途中から見てもわからないところはわからなかったけど、ただ妙にスカッとした気分で映画館を出たことははっきりと覚えています。当時の最大限の技術を駆使した特撮、猛スピードで森の中を行くシーンでは、一瞬も目が離せませんでした。
 以来、あのスターウォーズのテーマソングが流れると、何だか元気が湧いてくるようになりました。
p(*^-^*)q

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-23 23:59 | 思い出話 | Comments(0)