三河と尾張

 私が大学を卒業して2年目の職場でのことです。
 新人が配属されて挨拶にやってきました。愛知県出身の新人に対して、定年を控えた年齢の上司が、
 「愛知はどこかね?三河か、尾張か?」と、尋ねられたのがとても印象に残っています。
 その上司は、愛知県豊橋のご出身でした。
 三河と尾張?
 まだ20代の前半だった私には、江戸時代を彷彿する表現がとても古臭く、そして普段耳にしないだけに新鮮なことと受け止めました。

 三河と尾張では土地の人の気質が違うらしい、と知ったのは、随分後になってからです。
 街道が四通八達して物流に適した尾張は商業的センスに恵まれ大胆な発想と動きのできる織田信長を生み、山岳地帯から起こした三河は手堅い農民気質を持った徳川家康を生んだと言います。

 ホントかな?
 私にはよくわかりません。

 「国盗り物語」「関ヶ原」(共に司馬遼太郎著 新潮文庫)と続けて読み終えて、次は全く違う小説を読もうかとも思いましたが、何か心残りがありました。そう異質の小説に移る前に、知っているようで知らない徳川家康のことを読もうと決めました。

 かつての上司は、自分と同郷であるか否かを新人さんに尋ねましたが、三河と尾張って仲が悪いのでしょうか。
(^_^;)

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-10-04 23:59 | 思い出話 | Comments(10)
Commented by カンナ at 2010-10-10 22:55 x
今でこそ尾張名古屋は大都会ですが、当時はそうでもなかったのでしょうか。名古屋人のともだちは、三河方面の人のお喋りを「三河弁」と、やや揶揄するように言っていたのを思い出します。
Commented by h_with_the_wind at 2010-10-11 07:20
☆カンナさん
私、三河と尾張の境もよくわからないんですよ(笑)。
私にとってはいっしょくたのぼやーんとした地域なもので。

同じ愛知県でも言葉も違うのですね。戦国時代を引きずっているとしたら面白いな。
Commented by imuimu at 2010-10-11 21:19 x
尾張も三河も基本的には名古屋弁で通じるけれど
三河地方の『ジャン・ダラ・リン』という特殊な語尾が付きます。
・・・でしょう?→・・・だら〜? 食べなさい→食べリン という具合。
尾張地方はご存知名古屋弁です(^^;)
線引きは私もぼやけていますがトヨタやアイシンなど工業の盛んな街が多いのが三河です。(静岡に近い方ね) 
Commented by h_with_the_wind at 2010-10-11 22:06
☆imuimuさん
『ジャン・ダラ・リン』、面白いですね。
生三河弁を聞いてみたい!
名古屋の人が「みゃあ、みゃあ」言うのは偏見だとか…?
岐阜は、名古屋弁とはまた違うのでしょうか…。興味は尽きません(笑)。
Commented by imuimu at 2010-10-12 20:50 x
愛知と岐阜には武士(武家?)言葉が残ってますよ。
ご無礼します。(失礼します)
ござる。(いらっしゃる)
など。おもしろいでしょ。(^^)

みゃあみゃあなんて言いませんが『ゃあ』はよく使います。

名古屋弁は、行きゃあ。見ゃあ。寄りゃあ・・・ってね。
私の住む西濃地方では関ヶ原に近いせいか、少し関西なまりがある気がします。言葉の最後に『やね。』(そうやね、とか)
Commented by h_with_the_wind at 2010-10-12 22:37
☆imuimuさん
面白い!
こうして文字で繋がっているだけではわからないけれど、実際にお会いして話してみると新発見があるのでしょうね。
Commented by カンナ at 2010-10-12 22:57 x
御無礼します、ござった(いらした)は湖北でもフツーです。ま、50代以降のオッサンもしくは60代以上の人々が、ですが。ほんと、滋賀は分岐点なんですね。
Commented by h_with_the_wind at 2010-10-13 06:02
☆カンナさん
ござった、と言われると、時代劇を連想します^^;
ご無礼します、は子供の頃に聞いたような記憶がありますが…。
滋賀は、東海道・中山道・伊勢街道・北国街道と大きな道が通っていましたから、いろんな言葉が行き交ったことでしょうね。
Commented by 風屋 at 2010-10-13 08:43 x
盛り上がってる・・・(^^;

ついでに、
岩手でも県南出身者は盛岡で「伊達衆」と言われます。
「油断ならないヤツ」というニュアンスが込められてます。
「来て下さい」も南部では「お出ってくなんせ」ですが、
旧伊達藩では「お出ってけらいん」になります(笑)

でも青森県内の津軽と南部の境目はすごいですよ。
ほんの数百mでガラリと言葉が変わります。
もちろん仲は悪いです(笑)
Commented by h_with_the_wind at 2010-10-13 22:35
☆風屋さん
おっ、大将のお出ましだ(笑)。

「お出ってくなんせ」も「お出ってけらいん」も
発音できない…^^; 音源がほしいよ…(笑)。

言葉が変わったことにもきっと、私は気がつかないのでしょうね。