祈り

 ただ邪魔にならないように遠くで息を潜めて被災者の方の状況が好転するようにと祈っています。

 昨日から民放各局のテレビは、コマーシャルをすべて排除して地震関連の情報を流し続けています。
 でも、それを見ることができるのは、被災を免れた人たちばかり…。
 当事者に伝わらないことは、阪神・淡路大震災で経験しました。電気が不通になっていて見られないだけではなく、見ている暇もありません。

 取材のヘリコプターは夜明けとともに飛び、被災地の様子をテレビ画面に映し出しています。
 でも、あの騒音がどれだけその下にいる人たちの神経に触ることか……。
 これも阪神・淡路大震災で経験しました。


 阪神・淡路大震災の時にまだ乳飲み子だった次女は、高校生になりました。
 テレビで惨状を見て、心が揺さぶられているようです。昨日と同じ生活をしている自分に、
「こんなことをしていていいのかな?」と、罪悪感にも似た感情を持ったようで、つぶやきます。
 じっとしていられない衝動に駆られるのは、私も同じこと。
 そんな時、次女のメールボックスに友人たちから続けざまに
「無駄な電力を使わないようにしよう」と、いう内容のメールが入りました。末尾には、
「友達に伝えてください」と、いう文字があったといいます。

 「それは、チェーンメールと同じだよ」
 言われるがまま、友達にメールしようとした次女に「待った」をかけました。
 「きっと私も高校生なら『正しい』と思ったそのメールを友達に送ったと思う。でも、そのメールを送ることがまず無駄な電力消費だとは思わない?だったら、友達に会った時に伝えたらどうかな?」と、話すと、ふっと冷静になれたようです。

 とはいえ、何が正しいのか、どうしたらいいのか、私も迷っています。
[PR]
by h_with_the_wind | 2011-03-12 21:36 | 明日を信じて | Comments(5)
Commented by imuimu at 2011-03-13 11:41 x
息子にも同じ様なメールが回って来ました。息子はこりゃチェーンメルじゃんダメだ、と思った様ですが二十歳過ぎてもそんな事判らない人たちが居る様です(><)

災害の映像を見ながら食事をするのはとても気が引けます。
私達が食事をしたからと言って事態が好転するわけでもないのですが、申しわけないなと思います。
そして明日は我が身・・・そう思わずにはいられなかったです。

私達に出来る事は大した事ではないけれど出来る事は協力し、この事態を教訓にさせていただくことだと思いました。

Commented by imuimu at 2011-03-13 11:43 x
↑好転ではなく暗転です(><)(訂正します)
Commented by watchsjp at 2011-03-13 18:16
このあたりも揺れました。

帰宅難民。
それでも、家に帰りつくことができました。
帰る家がありました。
布団で寝ることができました。
その時は大変って思ったけど、全然大変なことじゃないことに気づきました。
Commented by h_with_the_wind at 2011-03-13 23:30
☆imuimuさん
うんうんわかります。
普段の生活を送っていていいのかな、って。

だけど、どんな形であれサポートする側にいるならば、しっかりしなくちゃいけない、できることをしよう、そう思うことにしました。そのためには体力もつけておかなくちゃ。
Commented by h_with_the_wind at 2011-03-13 23:36
☆watchさん
怖い思いをされましたね。
ブログを拝見しました。
watchさんの被災体験もとても大変な経験でしたね。