ラ・クラ(rakra)

 同年輩の女性だと思います。
 お昼休みにいつも拝見しているブロガーさん。コメントを残したことはないけれど、毎日を丁寧に生きていらっしゃる姿勢がブログから伝わってきます。
 そっと覗いて、うん私も頑張ろう、と元気をもらったり、ほっこりした気持ちになって午後の仕事に向かいます。

 そのブログで取り上げられていた北国の雑誌、ラ・クラを注文しました。青森、岩手・秋田の3県を対象にしたタウン誌です。コチラ→ 

 今日、それが届きました。

d0087062_794627.jpg


 誌面に登場する東北の人たちは、皆、笑顔です。
 雪が写っていませんから、あの地震の後に取材されたものでしょう。
 6月11日(土)には、盛岡で『チャグチャグ馬コ』というお祭りが開催されるそうです。うーん、今度の土曜日ですね。行ってみたいなあ。

^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2011-06-08 07:11 | 明日を信じて | Comments(6)
Commented by 風屋 at 2011-06-08 19:42 x
いしょけめに
 ちゃがちゃがうまこはせでげば
 夜明げの為が
 泣ぐだぁぃよな気もす

※はせでげば=馳せて行けば=走って行けば

宮沢賢治さんが盛岡高等農林学校(現岩手大学農学部)の
学生時代に詠んだ歌です。
当時のチャグチャグ馬コは朝早く歩いていたのですね。
ちなみにこの時(大正4年)、
賢治さんと一緒に馬コを見ていた、
賢治さんの従兄弟である岩田磯吉さんの息子さんが
ワタシの中学時代の恩師であり、仲人の岩田安正先生です。
Commented by h_with_the_wind at 2011-06-08 22:21
☆風屋さん
うーん、濁点多いし…… ^^;
やっぱし難しいね、お国訛り。

「チャグチャグ」は、鈴の音でしたか?
大阪では、違うことを「チャウチャウ」と、言いますが…。

宮沢賢治さん所縁の方に学ばれたことが、風屋さんの人生観に大きな影響を与えられたのでしょうね。
Commented by ぽん at 2011-06-08 22:42 x
はじめまして。これからもよろしくお願いします。
チャグチャグ馬コは、開催日が決まっていて、
平日にあたることが多いので、土曜開催はラッキーですね。

私の母は盛岡生まれなのですが、
何十年も前に観たチャグチャグ馬コが
どれだけいいお祭りなのかを
昨日みてきたばかりかのように話します。

機会があれば、ぜひ。
Commented by カンナ at 2011-06-08 23:14 x
私も読んでみようかな。「大人」の仲間に入っているかどうかわからないけど。
Commented by h_with_the_wind at 2011-06-09 18:57
☆ぽんさん
こちらこそよろしくお願いします。

南部駒でしょうか。
愛馬信仰とありますが、いかに馬を大切にしてきたかということが伝わってきます。
お母様のお話を聞きたいです。
Commented by h_with_the_wind at 2011-06-09 19:02
☆カンナさん
rakraを読んで大人の仲間入りをしましょう(笑)。

「みーな」もそうですが、地方の雑誌ってやっぱりその土地の香りがしますね。
そして、行ってみたくなります。
実は、rakraの記事に登場したお店、いつか東北旅行をした時に行こうとチェックしています(笑)。