ユースホステルの旅

 夫が写真のネガをデジタルに記録する作業を続けています。
 もうどれくらいになるでしょう。半年?1年?時間を見つけてはコツコツと続けています。

 リビングで学生時代の北海道旅行の写真を記録する作業をしながら、
「そういえば身近にユースを利用するような女の子、おらんかったなあ…」とつぶやいた夫は、私を見て、
「あんたぐらいか…」と、続けました。

 ユースホステル。
 死語?
 いえいえ、検索したらちゃんとヒットしました。
 一度縁がなくなってしまうと別世界になってしまうものなのですね。


 私がユースの会員になったきっかけは、何度かこのブログにも登場する同い年で九州に住む従姉との旅行でした。
 福岡の叔母のところに遊びに行っていた夏休みに、急遽従姉と萩・津和野へ旅行することになりました。従姉に連れられて福岡のユースホステル協会で手続きをし、もう翌日には、出発!

 以来、体力と時間に余裕のあった学生時代、少ない予算でたくさんの経験をしたいと、周遊券とユースの会員証をリュックに入れてあちこちへと出掛けました。

 初めての土地のユースの玄関を
「ただいま」と、挨拶しながら入っていく…。
 照れ臭さも手伝って抵抗があったそんなルールも、いつしか平気になっていきました。
 ご飯をいただけば後片付けをする、部屋を使えば掃除をする、当たり前のことをして、
「行ってきます』と次の目的地に向かいます。

 夕食の後には、自己紹介や親睦会が催されたりして…。
 今でも、『岬めぐり』や『翼をください』を聞くと、ユースで歌ったことを思い出します。
 あの時、一緒に歌った人、情報交換をした人とは、ホントに一期一会だったのですね。

^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2011-06-30 09:04 | 思い出話 | Comments(4)
Commented by カンナ at 2011-06-30 19:40 x
ということは、だんな様とはユースがご縁ですか?
学生時代の出会いという言葉には、特別な何かを感じます。それが異性であれ、同姓であれ、その頃のものの考え方、お金の使い方、好きになる人・・・すべてのことに、大なり小なりお互いがかかわっていたからに違いありません。もちろん過ぎてみれば、マイナスだったことも含めて。
Commented by 兵庫ざいぢう at 2011-06-30 20:09 x
ユースホステルには一度だけ出雲の旅で利用させて貰った事があります^^

その時は知人に連れられての旅だったし、
夕食も外で食べたので、
ユースホステルのそう言った事は経験出来ませんでした(苦笑)

素泊まり旅館って感じの利用でしたね。
Commented by h_with_the_wind at 2011-07-01 06:22
☆カンナさん
んー、ではないんですよ。
夫とユースで一緒になったことはないけれど、あーだこーだと共通の話題にはなりますね。
Commented by h_with_the_wind at 2011-07-01 06:24
☆兵庫ざいぢうさん
ユースによっていろいろのようですね。
イベント(?)盛りだくさんのところや、素泊まり旅館のようなところ…。