イサク広場にて

 深夜、サンクト・ペテルブルグに到着。
 念願の夢が叶ったというのに、旅立ちまでの期待とは異質の感懐が広がっています。それが何か旅の間にわかるでしょうか…。


d0087062_21504926.jpg


 静かなうねりが私の中で音を立てていました。かつて目にしたはずの景色とは異なる風景が大型バスの車窓から見えます。大通りいっぱいに車が走っているのを見て、年月の経過と社会体制が変化したことを感じました。

 バスの前方に金色のドームが見えてきました。イサク寺院です。
 イサク寺院に向かって、ニコライⅠ世の馬上像が建っています。専制君主像を囲むようにして土産物の屋台が並んでいます。その外側には、大型バスと乗用車がぎっしりと停まっていました。
 バスの中で説明を聞き、15分のフリータイムとなりました。

 ひとしきり写真を撮って、ふと視線を巡らすと、モイカ運河が目に映りました。

d0087062_21514066.jpg



 夫と共に道路を横断して写真を撮りに行きました。
 海に憧れ、船を持ちたいと願ったピョートル大帝は、泥沼地だったこの地に街を造ることを思い立ち実行しました。
 サンクト・ペテルブルグは、大きなネヴァ河を中心に街中を運河が流れています。
 ゴーゴリ、ドストエフスキー、トルストイ…、ロシアの文豪たちが暮らし、小説に描写した街並みがそのまま残っています。

d0087062_21521734.jpg




 バスの出発時間が迫ってきました。
 道路を一本渡るだけなのに、自動車がとぎれることなく走ってきて渡ることができません。
 ガイドさんに手を振って、合図を送りました。ガイドさんが、わかった、慌てないでいらっしゃい、と合図を返してくれました。

 ようやくバスまで戻ると、すでに他の人たちは席に座っていました。
「遅れないように!」
「ちゃんと考えていきなさい!」
 娘たちから口々に叱られてしまいました。

^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう






 ロシア旅行にはビザが必要です。
 ロシアに入国した日から出国する日、その期間だけきっちりとビザが発行されます。

 さらに、ホテルや現地ガイド、送迎車などの予約を証明するバウチャーが必要です。滞在都市・宿泊ホテルから交通機関の切符も出発前に手配しておかなければなりません。

 ホテルに到着するとフロントにパスポートを預けます。旅行中は滞在するホテルで宿泊したことを証明する「外国人滞在登録届」「外国人到着通知」が発行されます。すぐに発行してもらえるわけではなく、一泊だと滞在中に間に合わないこともあるそうです。パスポートは、チェックアウトの時に返してもらえますが、外出先で職務尋問を受けた場合に備えて、パスポートのコピーを用意しておく方がいいでしょう。
 社会体制が変化したといっても、こういった面では、ソビエト時代の名残がみられます。

 短い時間に効率よく見学をするために、お国柄の煩雑な手続きを回避するために、私たちは添乗員さんのついたツアー旅行を選択しました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2011-08-23 21:57 | ロシアの旅 | Comments(6)
Commented by カンナ at 2011-08-23 23:03 x
キリスト教圏では、その国々の言語に当てはめた読みの同じ名前がたくさんありますね。
エカチェリーナ=キャサリン=カロリーナ(ヌ)=カトリーヌ 
アンナ=ハンナ=ハナ=アンヌ
イサク(イサアク)は=イサーク=アイザック だそうです。
イスラム世界でも、預言者の子孫などにちなんだ名前などをつけることは高い頻度で見られますね。
こうして考えると、日本人の名前にはそういうのはなさそうです。A子にしろ、Y子にしろ。国際社会的には、日本のほうが不思議な国なのかも知れませんが。
Commented by souu at 2011-08-24 05:55 x
ご家族での旅だったのでしょうか?
車の流れの中を渡るのは大変ですね。こういうのが日本とは違うと台湾や
中国へ行っても思います。これから続く旅のお話楽しませていただきます。
Commented by h_with_the_wind at 2011-08-24 22:00
☆カンナさん
そうなんですよね。
ロシアのピョートル大帝も、アメリカでは刑事コロンボを演じたピーター・フォークと同じ、ヨーロッパに行けばハイジに登場するペーターですものね(笑)
Commented by h_with_the_wind at 2011-08-24 22:04
☆souuさん
家族揃っての海外旅行は、10年ぶりです。
娘たちが成長して、自分のことをしてくれるので私も旅行を楽しむことができました。
Commented by bh2005k at 2011-08-25 23:20
なかなかロシアの風景は 見るチャンスが」ありません。
やはり、ロシアを楽しむのは 大変なのですね。
思いもかけないことに 出あったりもするので ツアーを選んだのはよい選択だと思いました。

私は家で 風懐さんの目線のロシアを見られてありがたいです♪
Commented by h_with_the_wind at 2011-08-26 06:23
☆チェイルさん
家族で参加すると浮いてしまうのではないか、団体行動に家族からブーイングが出るのではないかとツアーに参加することにも不安はありましたが、すべてお任せで気分的にはとても楽でした。

私の目線はゆがんでますよ(笑)。