遠足

 ロシアの旅3日目は、サンクト・ペテルブルグ市街地からバスで「エカテリーナ宮殿」と「夏の宮殿」へ遠足です。
 朝から時折、雨が降っています。気温が上がらず、カーディガンが手放せません。

d0087062_17555755.jpg
 

 「エカテリーナ宮殿」は、ピョートル大帝が妻のエカテリーナⅠ世のために建築しました。
 「ツァールスコエ・セロー」と書かれた表札(?)には、エカテリーナⅠ世のイニシャルが入っていました。右側にあるボタンは、玄関ベルでしょうか。押したらどうなるのでしょう。

d0087062_1993067.jpg


d0087062_17564120.jpg


 「エカテリーナ宮殿」は、第二次世界大戦時、ドイツ軍に破壊、略奪されました。出口に近い廊下には、破壊された状態と修復の様子が写真で展示されています。
 2003年、壁面がすべて琥珀で埋め尽くされた『琥珀の間』が修復されて以来、観光の人気スポットとして多くの人が訪れるようになったそうです。ガイドブック「地球の歩き方」によると、夏の観光シーズンは入場制限されているため、個人で訪れても見学できないそうです。


 宮殿内を見学している間に雨があがりました。
 昼食を経て「夏の宮殿」へと向かいました。


 現在、エルミタージュ美術館となった「冬の宮殿」に対して、「夏の宮殿」は郊外の森の中にあります。庭には、150以上もの趣向を凝らした噴水があります。自然の高低差のみを利用した噴水について以前にテレビで特集番組を見たことがあります。
 実際にそこに立ってみると、勢いよく溢れる水の飛沫、四方から聞こえる水音、金色に輝く像と幻想の中にいるような心持ちになりました。

d0087062_1757431.jpg


 すぐそこにピョートル大帝宿願の『海』が見えます。バルト海です。
 世界中にその名を轟かせた「バルチック艦隊」発祥の地です。

 中には、こんな銅像もありました。

d0087062_1758969.jpg


d0087062_17584619.jpg


 森を抜け、バルト海を遡ってサンクト・ペテルブルグまでは水中翼船で帰りました。

 ロシアに来てから「贅を尽くす」とはこういった時に使うのか、とその規模、装飾に圧倒されっ放しです。

^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2011-08-28 10:27 | ロシアの旅


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧