遠足

 ロシアの旅3日目は、サンクト・ペテルブルグ市街地からバスで「エカテリーナ宮殿」と「夏の宮殿」へ遠足です。
 朝から時折、雨が降っています。気温が上がらず、カーディガンが手放せません。

d0087062_17555755.jpg
 

 「エカテリーナ宮殿」は、ピョートル大帝が妻のエカテリーナⅠ世のために建築しました。
 「ツァールスコエ・セロー」と書かれた表札(?)には、エカテリーナⅠ世のイニシャルが入っていました。右側にあるボタンは、玄関ベルでしょうか。押したらどうなるのでしょう。

d0087062_1993067.jpg


d0087062_17564120.jpg


 「エカテリーナ宮殿」は、第二次世界大戦時、ドイツ軍に破壊、略奪されました。出口に近い廊下には、破壊された状態と修復の様子が写真で展示されています。
 2003年、壁面がすべて琥珀で埋め尽くされた『琥珀の間』が修復されて以来、観光の人気スポットとして多くの人が訪れるようになったそうです。ガイドブック「地球の歩き方」によると、夏の観光シーズンは入場制限されているため、個人で訪れても見学できないそうです。


 宮殿内を見学している間に雨があがりました。
 昼食を経て「夏の宮殿」へと向かいました。


 現在、エルミタージュ美術館となった「冬の宮殿」に対して、「夏の宮殿」は郊外の森の中にあります。庭には、150以上もの趣向を凝らした噴水があります。自然の高低差のみを利用した噴水について以前にテレビで特集番組を見たことがあります。
 実際にそこに立ってみると、勢いよく溢れる水の飛沫、四方から聞こえる水音、金色に輝く像と幻想の中にいるような心持ちになりました。

d0087062_1757431.jpg


 すぐそこにピョートル大帝宿願の『海』が見えます。バルト海です。
 世界中にその名を轟かせた「バルチック艦隊」発祥の地です。

 中には、こんな銅像もありました。

d0087062_1758969.jpg


d0087062_17584619.jpg


 森を抜け、バルト海を遡ってサンクト・ペテルブルグまでは水中翼船で帰りました。

 ロシアに来てから「贅を尽くす」とはこういった時に使うのか、とその規模、装飾に圧倒されっ放しです。

^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2011-08-28 10:27 | ロシアの旅 | Comments(6)
Commented by imuimu at 2011-08-28 22:10 x
何見てもどれをとっても素晴らしい写真達。
絵になりますね〜。
うらやましい限りの旅。
思い出はいくら払っても買えません。
いい思い出たくさん出来たみたいですね。
Commented by カンナ at 2011-08-28 22:45 x
そういえば、ロシアという国は何でもあるけれど、凍らない港だけがなかった。それを求めて、南下、あるいは西進したのだと教わりましたっけ。
風懐さんの日記で、思いがけず世界史の復習が出来ます。
Commented by h_with_the_wind at 2011-08-29 06:41
☆imuimuさん
ありがとう♪
でも、写真では映しきれない、というのが実感です。

楽しい思い出ができたことに感謝しています。
ホント、プライスレスってことありますね。
Commented by h_with_the_wind at 2011-08-29 06:45
☆カンナさん
復習したこと教えてください!
もっと勉強してから行けば良かった。
知らないことが多すぎると実感しています!
世界史、美術、地理…。
Commented by 風屋 at 2011-08-29 13:25 x
キレイな森だなぁ・・・。妖精が出てきそう。


(中年オヤジが言うとキモいセリフですが ^^;)
Commented by h_with_the_wind at 2011-08-29 19:07
☆風屋さん
キレイな森でしょう。
きちんと手入れされていますよね。
妖精に手招きされてついて行ってしまいそう。


(おばさんが言うともっとキモいでしょうが…(笑)