再び 資本主義万歳!

 ブレジネフの時代、石造りの町に彩りを添えていたのは、社会主義のスローガンばかりでした。
「世界に平和を!」
「党大会の成功を!」
「労働者のための世界を!」
 商業広告や看板のない世界は整然としていて清潔に映りました。大阪がごちゃごちゃしていますからね。



 今回の旅で…。
 ロシアの空港建物を出て最初に目に飛び込んできたのは、韓国の自動車会社「HYUNDAI」の大きな看板でした。
 この国は、社会主義国ではなくなったのだ、と感慨深く思いました。

d0087062_22163449.jpg

 観光バスから見る風景が楽しくて仕方がありません。



d0087062_2217365.jpg

くまのプーさんとその仲間たち

 8月25日から映画が始まるの……かな?
 ちゃんとディズニーのサインがあります。



d0087062_22173814.jpg

ケンタッキーフライドチキン?

 KFCといえば、ケンタッキーフライドチキンです。
 にわとりさんの絵が何だか新鮮です。日本ではお馴染のカーネル・サンダーおじさんの姿は見当たりません。



d0087062_2218891.jpg

カラオケ……

 ロシア文字でカラオケと書かれています。どんな歌が流行っているのでしょう。ソビエト時代の歌「トロイカ」は、あるのかな ^O^
 その上は、マックスファクター。化粧品です。



d0087062_2219238.jpg

マクド?マック?マックン?

 あちこちで見かけたマクドナルドの広告看板には、ロシア文字と英語と……なぜか、富士山に日本語で『美味しい』の文字が……。

 とにかく車窓から見る風景が楽しくて仕方ありませんでした。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう









d0087062_22201918.jpg


 この広告には、すごく悩みました。
 読めません!
 しばらく悩んで、前半の単語がロシア語で『ノートブック』、後半が英語で『アイデアパッド』だと気がつきました。

 マクドナルドの広告にも「アイス ティ」とロシア文字で書かれていました。お茶を表す「ティ」は、もちろんロシア語にもあって「チャイ」といいます。それをわざわざロシア文字を使って英語読みしています。

 英語の発音をそのままロシア文字に置き換えるというパターンを何度も見かけました。
 「H」は英語では「エイチ」。この文字を見ると「はひふへほ」と「は」行の音が浮かびます。
 ロシア語では「H」と書いて「エヌ」と発音します。「な」行の音が予測されます。
 つまり、『ノートブック』の最初の「H」をどう読むか混乱してしまいました。
 英語とロシア語が乱立して、しかも英語の音をロシア語で表記する!
 何だか頭がクラクラしてきます。ロシアの人たちは混乱しないのでしょうか。

 外来語をカタカナで表記する日本語って素晴らしい言語です。多分、日本語を母国語としない人にとっても便利なのではないかと思うのですが、いかがでしょう。
[PR]
by h_with_the_wind | 2011-09-15 22:31 | ロシアの旅 | Comments(2)
Commented by カンナ at 2011-09-15 23:01 x
カタカナ変換は、加工貿易の国だからでしょうか(爆 

キャラクターといえば、こぐまのミーシャ!あんなにオリンピックって連呼してたのに、オリンピックってなんやったんやろ?と思っていた私は、小学校2年でした。
Commented by h_with_the_wind at 2011-09-16 06:56
☆カンナさん
カンナさんの説、座布団3枚!(笑)

ミーシャ。懐かしいですね。
「クマ」は、ロシア人にとってとても身近なキャラクター、と思っていたのにプーさんの登場でびっくりしました。