大原の里

d0087062_20534751.jpg


 京都市内から車で一時間の距離にある大原は、かつては平安京と若狭湾を結ぶ若狭街道の中継地として、また延暦寺に近いという地の理から栄えたといいます。
 維新以降、鉄道の敷設・国道の整備が大原を時代から取り残してしまったかのようです。

 大きなスーパーもない山間で静かに暮らすことができたらどんなにいいことでしょう。私にはできないことと知りつつも民家の間の細い道を歩きながらこの地で暮らす人を羨ましく思います。

 人影もまばらな寂光院で閉門時間が迫ってきたことに気付きました。
 日が暮れたら、暗くなる、当たり前のことに思い当って、急いでバス停への道を歩きました。
 久し振りに夕日と追いかけっこをしました。

d0087062_20542334.jpg


^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2011-10-26 20:55 | 課外活動 | Comments(4)
Commented by カンナ at 2011-10-26 23:02 x
スーパーも無い山間・・・そんなところは湖北にはいくらでもあります。少々の不便を楽しむ覚悟があれば、いつでもどうぞ^^逆に、大阪のよさもまた再発見できるかもしれません。
私は、(そこまで不便ではありませんが)やっぱり湖北を愛しているのだな、と最近思います。
Commented by ぽん at 2011-10-27 01:33 x
美しくて長閑な写真をありがとう。
大きくして眺めていたら、なんだか涙がにじみました。
疲れているのかな、私・・・(笑)
でも、美しいものを見て泣くのはいいことだとおもっているので、
そういうチャンスをもらえたことは感謝です。

本当は、自分の足でそこに立って、
空気や匂い、音までを感じるのが一番なんですけどね。
今の私には、なかなかです。

私も地方暮らしですが、町部にいるので、
少し離れた土地にいくと同じように感じることがあります。
でも、暮らせる自信は・・・あまりないです。

ないものねだりの心を持ちながら、あちこち、ふわふわしています。
でも、どちらも私の心と身体を作ってくれた場所です。
Commented by h_with_the_wind at 2011-10-27 06:32
☆カンナさん
スーパーもない山間の不便も楽しいかもしれませんね。
でもきっとそこで長い間に培われたしきたりやお付き合いには、ついていかれないような気がします。
Commented by h_with_the_wind at 2011-10-27 06:40
☆ぽんさん
嬉しい言葉をありがとう。

ずっと気を張って来られたものね。
凄惨な現場に立たれたのですもの。

季節が廻れば花が咲く、当たり前のことを嬉しく感じます。