キャンディーズ

 特に好きだったという訳でもないけれど、キャンディーズのベストアルバムを借りてきました。

 懐かしいなあ♪
 若かった頃のことが脈絡もなくあれこれと思い出されます。意外に一緒に歌えることにも驚きました。


 かつて流行歌は、どこに行っても聞くことができました。いえ自分の意志ではなく聞かされていたと言えるかもしれません。
 喫茶店、商店街、美容院…。人の集まるところでは、ラジオや有線放送を通して流行歌が流れていました。

 テレビの歌謡番組でお目当ての歌手の歌を聞くためには、興味のない歌も聞かなければなりませんでした。ビデオやウォークマンが普及するまでは、そういう時代でした。
 そう、私の意識とは別にキャンディーズに限らず、演歌部門も歌えるかもしれません。


 時代を表す音楽が、どの時代にもそれぞれあるのかと思っていたけれど、そんな音楽を共有する日ももう来ないのかもしれません。
 音楽は、イヤフォンでひとり楽しむものになってしまいましたものね。
^O^


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2012-01-22 22:05 | わたし | Comments(2)
Commented by 風屋 at 2012-01-24 08:30 x
蘭ちゃん好きでした。
「年下の男の子」は思い出の歌です(^^)

キャンディーズの解散コンサートの日とある東京の片隅で
ワタシは自分のこれからをじっと考えていました。
「東京物語」奥田英朗(集英社文庫)の主人公と1歳違いながら
ほぼ同じような感慨を抱いていた日でした。
Commented by H_with_the_wind at 2012-01-24 22:23
☆風屋さん
奥様はランちゃん似かな?(笑)

うんうん、奥田英朗さんの「東京物語」、キャンディーズの解散コンサートの描写には、私も妙に共鳴しました。


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧

最新のコメント

✩さくらさん ホント、..
by H_with_the_wind at 16:26
木陰のベンチやラグで読書..
by さくら at 01:03
✩チェイルさん ありが..
by H_with_the_wind at 19:06