今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

家紋

 平家の家紋です。

d0087062_21453014.jpg




 由来は、正倉院御物の金銀平蝶脱八角鏡や花蝶背円鏡の文様から始まり、最初の蝶紋は桓武平氏だそうです。

 以前、姫路城で瓦の中にこの蝶紋を見つけました。姫路城には他にもゆかりの戦国武将の家紋がたくさんありましたが、蝶紋はひときわ優雅に映りました。姫路城の最初の藩主・池田氏が、平家由来の揚羽蝶を家紋としていたからだそうです。
 揚羽蝶は姫路市となった現代にも受け継がれ、姫路市は市蝶をジャコウアゲハに制定しています。

 平家の落人伝説は全国に散らばっています。
 ある地方では和菓子最中の皮に、また熊本県八代市(旧八代郡泉村)のマンホールに、この揚羽蝶が描かれているそうです。
 そういった全国の縁の地を歩いてみるのも楽しそうですね。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-04-01 21:47 | 社会科 | Comments(4)
Commented by 兵庫ざいぢう at 2012-04-02 20:49 x
落人とは少し違ったと思いますけど、
石川県の能登に上時国家と言う民家がありますわ。
この家も平家の一族です。
そこで使われていたのも確か蝶の家紋でしたね。

あと、鳥取の智頭にあった民家でも、
婚礼家具か何かにアゲハ蝶の家紋がありましたわ。


兵庫県でも豊岡と香住の間らへんに落人伝説がありますね。
今でもお祭りの時には矢を放つ行事があるとか聞いた記憶がありますよ^^

ホンマに平家の落人伝説と言うのはいろんなところに残っていますよね。

安徳天皇が壇ノ浦を生き延びて、
能勢のあたりで亡くなったとか言う話も残っていたり^^
Commented by あかとん棒 at 2012-04-02 21:44 x
姫路城の別名は白鷺城(はくろじょう)。
八代にある八代城の別名が白鷺城(しらさぎじょう)。
Commented by h_with_the_wind at 2012-04-03 08:31
☆兵庫ざいぢうさん
「平家の落人」でWikipediaに項目がありますね。
それによると、東北地方から九州まで全国に散らばっています。
ホント、びっくりするくらいに!
Commented by h_with_the_wind at 2012-04-03 08:34
☆あかとん棒さん
コメントを拝見して、ホントに「あっ!」と声をあげてしまいました。
そうですねえ!