与謝野 晶子

 与謝野晶子を知ったのは、小学校6年生でした。
 学校でふたりひと組になって「偉人」について調べて発表するように、という課題が与えられ、私は一番仲の良かった友だちと取り組みました。
 友だちは、
「絶対に与謝野晶子にしよう」と言いました。
 そもそも「偉人」の定義がわからなかった私には反対の理由もなく、言われるままに与謝野晶子の作品を読み、生涯を調べました。

 最初に日露戦争に出征した末の弟を案じた『君死にたまふことなかれ』を読みました。

あゝおとうとよ、君を泣く
君死にたまふことなかれ
末に生まれし君なれば
親のなさけはまさりしも
親は刃をにぎらせて
人を殺せとをしへしや
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや……


 小学生にも伝わってくる内容でした。
 軍国主義へと傾いて行く時代に、反戦の意思を世にはっきりと示した女性、女性の地位向上のために尽力した女性。
 小学生レベルではそれ以上踏み込むことはありませんでしたが、強烈な印象が残りました。


 中学に進学して改めて与謝野晶子の作品を読み、その生涯の周辺を以前よりももう少し詳しく辿った私は、晶子のまた違った情熱に触れて戸惑いました。

その子二十歳櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな


 人生で一番輝ける季節、傲慢さえ許されてしまうようなきらびやかな瞬間を堂々と歌い上げる姿勢は他を圧倒する迫力に満ちています。

 その生涯を辿ると、バリイタリティ溢れた生き方が見えてきました。不倫の末、与謝野鉄幹を追いかけて上京、鉄幹の離婚を待って結婚、12人の子をなし、次々と作品を発表、源氏物語を訳し、日本で最初の男女共学校創設のメンバーとして名を連ねます。

 いやはや大変だ!(笑)
 私にはとってもついていけない…。

 第一次世界大戦中は、励戦的な戦争賛美の歌や戦争を美化し鼓舞する歌を作りました。
 『君死にたまふことなかれ』と反し、一貫性がないとの批判もあるようですが、彼女の意識の中心が戦争ではなく家族にあるのだとすれば納得できるように思いました。打てば響く、感性の指す方向へ躊躇せずに走りだす情熱は、時に第三者には矛盾と映ってもきっと本人には気付きもしない瑣末なことなのでしょう。
 とにかく与謝野晶子という人は、私には眩しすぎました。


 今、再び与謝野晶子が私の前に現れました。
 旅行記『女三人のシベリア鉄道』で森まゆみさんが、晶子の足跡を追っています。
 晶子は、夫の鉄幹が創作活動に行き詰ると、手配してパリへ送り出します。
 パリの夫から「君も来い」と手紙が届けば、子供たちを預けてシベリア鉄道に乗り、モスクワ経由で夫の待つパリへと旅立ちます。

 私は与謝野晶子のような生き方はできない…。颯爽とした生き方は、とうてい私のスケールでは計ることができません。
^^;


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-06-26 21:40 | 思い出話 | Comments(6)
Commented by カンナ at 2012-06-26 23:32 x
森まゆみさんといえば・・・み~なの大先輩「谷根千」を主宰なさっていたひと。今はもうコミュニティ誌の仕事はなさっていないけれど、ウチの編集長が常に師と仰ぐひとです。

原稿書かなくちゃ。
Commented by h_with_the_wind at 2012-06-27 06:30
☆カンナさん
森まゆみさんの書かれたもの、始めて読みました。
膨大な資料を丁寧に読み込んでいらっしゃることが伝わりました。

原稿、頑張って♪
Commented by 風屋 at 2012-06-27 17:43 x
「春みじかし何に不滅の命ぞとちからある乳を手にさぐらせぬ」
「くろ髪の千すぢの髪のみだれ髪かつおもひみだれおもひみだるる」
「乳ぶさおさへ神秘のとばりそとけりぬここなる花の紅ぞ濃き」
「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」

こんな歌、女性にしか詠めません。
男はただただひれ伏すことしかできない・・・(^^;
いつまで経っても女性には敵いません。
Commented by lazytown at 2012-06-27 22:32
おひさしぶりですーーー。

本当に、すごい女性ですね。。パワーあふれている。。みならわなければ!!っておもいます。

ひさしぶりに風懐さんのところにきましたが、やっぱり、いつ来ても、勉強になりますわ。
ブログ、、今日から再開しました。
またよろしくおねがいしますーー!!
Commented by h_with_the_wind at 2012-06-28 06:38
☆風屋さん
>こんな歌、女性にしか詠めません。
いえいえ晶子にしか詠めません(笑)

モテモテだったという与謝野鉄幹が、そんなに魅力のある男性だったのか、興味があります。
Commented by h_with_the_wind at 2012-06-28 06:41
☆のんちゃーん!
おかえりなさい。
さびしかったよ。
私には、のんちゃんもエネルギッシュな女性に見えますがいかがでしょう。
こちらこそよろしくお願いします。


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧

最新のコメント

✩さくらさん ホント、..
by H_with_the_wind at 16:26
木陰のベンチやラグで読書..
by さくら at 01:03
✩チェイルさん ありが..
by H_with_the_wind at 19:06