今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

新党の命名

 新党を立ち上げるエネルギーというのは、とても大きいのでしょう。そして新しい党の命名には、我が子の誕生と同じくらいの思いがこもっているものでしょう。

 石原慎太郎さんが新党に命名された「太陽の党」には、ご自身の芥川賞受賞作「太陽の季節」が、深く影響していることと思います。
 その「太陽の党」が披露され、選挙に向けて何かと耳にするようになりました。ただ、文字で見るのと違って耳にすると……





こいつが脳裏に浮かびます(笑)


d0087062_21155254.jpg



なにか、ご用~?   って。
(^O^☆♪)


遊びに来てくださって、ありがとう


蛇足ながら、エキサイトさんの最近のサービス「記事ランキング」で、私の記事のベストテンに『太陽の塔』がランクインしています。「とう」の字が違うんですけどね…^^;
[PR]
by h_with_the_wind | 2012-11-20 21:17 | 社会科 | Comments(2)
Commented by 兵庫ざいぢう at 2012-11-20 22:02 x
「芸術は爆発だ!」
ですね♪

関西に住んでいると、
どうしてもコチラの写真の方が先に浮かびますよね^^
石原さんには石原さんの命名理由があるのでしょうけど(苦笑)
Commented by h_with_the_wind at 2012-11-21 22:30
☆兵庫ざいぢうさん
一度、耳が「太陽の塔」と認識してしまうともうダメ…(笑)
石原さん、命名の理由を何かおしゃっていたでしょうか。