ただいま

 「ただいま!」に相応する英語は、
「I’m home!」なんだよ、と初めて聞いた時、そんなものかと拍子抜けしました。

 いってきます!
 いってらっしゃい!

 ただいま!
 おかえり!


 日本語独特の挨拶を「いいな」と思います。

 朝、家族が出掛ける時には、必ず玄関の外まで送ります。当たり前のことを毎日繰り返しています。


 私には「いってきます」と言って登校し、帰宅して「ただいま」と言った記憶がほとんどありません。
 小学生の頃から、朝、両親と一緒にあるいは両親の方が先に家を出ていました。帰宅するのは、私が一番先でした。

 だからといって、寂しいと感じたことはありません。
 商家の家には商家の事情が、農家の家には農家の時間配分がそれぞれにあるように、両親が外で働いていればその家のルールがあります。


 専業主婦を選択した私は、家族を「いってらっしゃい」と送り、「おかえり」と迎えます。仕事に復帰してからも最後に出掛け、最初に帰宅します。
 だからやっぱり「おかえり」と迎えられることは稀です。


 そのせいか、ブログ復帰を「おかえり」といって迎えてもらったことがとても嬉しくて、慣れないこと故、いささか照れています。
(^O^☆♪)


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2013-05-22 23:40 | わたし | Comments(4)
Commented by 風屋 at 2013-05-24 17:05 x
私も鍵っ子(死語かな? ^^;)だったから
似たような育ち方しました。
今も「お帰り」を言ってもらえない生活だけど(笑
Commented by カンナ at 2013-05-24 19:05 x
↑じゃあ、今日は私から
お帰りっ!
まだ帰ってないかな?(笑
Commented by h_with_the_wind at 2013-05-24 21:22
☆風屋さん
おかえ…、っと今日はカンナさんに譲りましょ (笑)

鍵っ子、懐かしい言葉ですね。
「学童」なんてなかった時代、職業婦人(もっと古い?)の負担は大きかったと思います。
Commented by h_with_the_wind at 2013-05-24 21:24
☆カンナさん
カンナさんも一週間、お疲れ様でした。