目には目で…

 20歳前後に読んだ小説やエッセイで今も心に残っている文章や言葉があります。

 『ハムラビ法典の「目には目を、歯には歯を」という言葉は、復讐を肯定しているかのようである。
 人間というものは自分がされた以上の仕返しをしたいと思ってしまう。ハムラビ法典に書かれているのは、仕返しを「目には目で、歯には歯で」とどめておきなさい、という戒めである』といった内容の文章もそのひとつです。
 若い頃に読んだエッセイに書かれていました。著者はキリスト教を信仰する作家だったかと思いますが、記憶が正確ではなくエッセイのタイトルも曖昧で、出典を明記できないことがとても残念です。


 この夏、テレビが共通の娯楽だった昭和を思い出すような視聴率をとったドラマのキャッチフレーズ「やられたらやり返せ、倍返しだ!」には、とうとう乗れませんでした。
 なぜ、という理由の解析もしたくないほどの嫌悪感からか、一度も見ませんでした。

 「倍返し」という言葉は負のスパイラルを生む、という意見を聞いて、私が覚えた嫌悪感の正体を解き明かされたと思いました。
 流行は、本来の目的から逸脱していくことがあります。
 弱者が強者を倒して溜飲を下げることに留まらないだろう、とその人は危惧されます。
 どうせなら復讐ではなく、「親切の倍返し」に発展していけばいいのですがね。

 ※改めて検索してみると、Wikipediaのハンムラビ法典の項には、「目には目で、歯には歯で」について書かれています。
^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2013-10-09 07:08 | 社会科 | Comments(6)
Commented at 2013-10-09 09:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by imu at 2013-10-09 16:19 x
愛情の倍返しならいいよねd(^_^o)
だけど返してもらうこと期待しての愛情はダメだね。
親としての愛情は無限大だから倍返しなんて無理だし、期待してないんだ^_^
だけどたまにしか送らない短いメールくらい返事欲しい(ー ー;)
Commented by h_with_the_wind at 2013-10-09 20:43
☆鍵コメさん
お久しぶりです♪
いつも拝見しています。イロイロあるよね。

ありがとう~♪
とっても嬉しい言葉をいただきました。
共に生きている、そう思うだけで励みになります。
Commented by h_with_the_wind at 2013-10-09 20:48
☆imuさん
愛情の倍返し、いいねえ。
短いメールなんだから、せめて半返しでも…って(笑)
いやいや子供に求めてはいけません(笑)

imuさんには、愛情の倍返ししなきゃいけない人がいるってことじゃん(笑)
Commented by 風屋 at 2013-10-09 23:49 x
やられたらやり返す
恩返しだ‼︎

・・・ってのはどう?(^_^)
Commented by h_with_the_wind at 2013-10-10 19:31
☆風屋さん
いい!
いいね!!

やられたらやり返す
恩返しだ!!

やばっ、恩返ししなきゃいけない人の顔がいっぱい浮かんだ(笑)