ご近所さん

 たまたま近くの家に住むことになったご近所さん。お互い様でしょうが、時に価値観の違いに戸惑うことがあります。

 旅行で数日間家を留守にすることがあります。新聞の配達は中止してもらっても、郵便物や広告でポストはすぐにいっぱいになってしまいます。そこでご近所さんにお願いして中身を預かってもらいます。
 私もお世話になりますし、逆の場合はもちろん快くお引き受けします。

 先日、道で会ったご近所さんからそんな依頼を受けました。ところが、その日は私も留守にする予定です。
「主人はいるんだけどねえ」と、後になってうっかりだったなあ、と思ったのですが、言ってしまいました。
 間髪入れず、
「じゃあ、ご主人にお願いします!」と元気に言われてしまいました。
 帰宅した夫に話すと、もちろん小さなことと笑って引き受けてくれました。

 でも、私はもやもやしています。
 私には、他所のご主人にそんなことをお願いできないな、と。
 この違いは何なんでしょう。ジェネレーションギャップなのか、はたまた私が時代に取り残されているだけなのか…。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-02-25 23:59 | わたし | Comments(0)