大きいことはいいこと……か?

d0087062_19363746.jpg



 USJに進撃の巨人の”等身大”の主人公がいました。
 その大きさに圧倒されました。
 「進撃の巨人」が人気アニメであることしか知らないので、このリアルな像も主人公だろう、と思うだけです^^;

 高度成長期、より大きなもの、より速いものがもてはやされていました。テレビからは、
「大きいことはいいことだ!」と毎日コマーシャルソングが流れていました。
 その勢いに乗れなかったものがあったことには気がつきもしませんでした。


 私が子供の頃からあった地元の個人商店は、大きな店に太刀打ち出来なかったからなのか、後継者がいなかったからなのか、バブル期を境に次々に店を畳んでいきました。
 おもちゃ屋さん、酒屋さん、布団屋さん…。
 空き店舗となったスペースには、流行りのものを扱う店が開店するもののどこも長続きしないで20年が過ぎていきました。書店も同様で、スペースが縮小され、年を経るごとに書籍は雑誌に場所を譲りつつあります。
 近隣のスーパーは、次々と大きなスーパーに飲み込まれていっています。すでにスーパーは、巨大な一社が日本中を席巻しています。扱う商品も均一で面白味に欠けます。

 誰もが大きなものに飲み込まれていきます。
 怖い、と思います。
^^;


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-03-04 23:59 | 社会科 | Comments(0)