熊野若王子神社

 京都・哲学の道の南に位置する熊野若王子神社は、かつて熊野御幸の起点だったそうです。
 熊野詣は、京から総行程72里、片道およそ300キロの苦行の旅で、参詣者は約一ヶ月をかけて熊野本宮まで徒歩で往復したといいます。

 法王・上皇による熊野御幸は、延喜7(907)年から弘安4(1281)年まで100回以上のぼりました。一行は、まず若王子で身を浄めて伏見から淀川を船で下り紀伊路へと向かわれました。

 身を浄め、旅の安全を祈願して出発していかれたのですね。

 そんな熊野若王子神社のおみくじは、八咫烏。

d0087062_10151752.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-06 10:15 | 課外活動 | Comments(0)