松陰神社にて

 安政の大獄に連座して萩から江戸に移された吉田松陰は、獄中刑死し江戸で埋葬されました。
 後に、塾生によって長州毛利藩主毛利台善太夫の別邸に改葬され、やがて現在の松陰神社となったそうです。

 幕末歴女としては、地図で松陰神社の名前を見つけてついフラフラとやってきました。


d0087062_17173926.jpg


松下村塾

 もちろん、松下村塾は今の山口県萩市にあり現在も往時のまま残されています。これは模して建てられたものだそうです。



 幕末、日本中が黒船の出現に震撼としている時、その船に乗り込んでアメリカに行ってやろうと企てた吉田松陰の発想は、いったいどこから湧いてきたのでしょう。
 実際に上海で欧米の傍若無人ぶりを見てきた高杉晋作がいなければ、日本は、清国と同様に列強の餌食となっていたことは間違いなく、日本史のみならず世界史をも変えていたことでしょう。

 高層ビル群と途切れることのない人波、そんな私の思っている東京とは違った閑静な住宅地の神社でつらつらと考えていました。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-06-12 17:19 | 東京2015 | Comments(0)