今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

柳絮もしくはトーポリ

d0087062_16193598.jpg




 地面に白く積もっているのは、雪ではありません。
 柳絮(りゅうじょ)。白い綿毛のついたヤナギ科の種子です。


 ロシアではこのポプラの種子をトーポリといい、トーポリが舞い始めると夏が来るというそうです。
 北海道の気候は、ロシアに近いのだろうなと思う瞬間です。

 風に吹かれたポプラの木から柳絮がふわふわと落ちてくる様は、雪が舞っているようです。地面に落ちても溶けることはなく、風が吹けばまたフラフラと風に乗って吹き上がります。やがて力尽きて落ちると、ころころと転がってひとかたまりになっていきます。
 捕まえようとしても指先をするりと抜けていきます。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-07-07 16:20 | 北海道2015 | Comments(2)
Commented by さくら at 2015-07-07 23:59 x
こちらのコットンウッドですね!やはり春から初夏に舞ってます。でも、5月くらいまででしょうか。それにしても、北海道の新緑はすてきですね~。
Commented by H_with_the_wind at 2015-07-08 18:52
✩さくらさん
アメリカでは、コットンウッドというのですね。
ひとつ賢くなりました。
部屋の中に入ってきて、追いかけっこします?(笑)

新緑の北海道は最高です。
雪に閉ざされた時期、じっと我慢していた人へのご褒美かと思います。
私は、何だかエエとこ取りをしたみたいで…(笑)