小樽

 1920(大正9)年の国勢調査では、道内で1番人口の多かった街は函館で2番目が小樽、札幌は小樽より6,000人少なくて3位でした。海運業が盛んだったことがわかります。
 北海道の経済の中心地で北のウォール街と言われた小樽ですが、1960年をピークに人口は緩やかに下降しています。


 小樽にこんなにもたくさんの観光客がやってくるとは知りませんでした。
 大きな駐車場に大型バスが何台も止まっています。
 小樽駅でもなく小樽港でもなく、大型バスの駐車場を中心に街が賑わっているようです。

d0087062_1854341.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう





もちろんいただきました!

d0087062_18554296.jpg

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-07-08 18:57 | 北海道2015 | Comments(0)