「北の国から」  

 毎週、「北の国から」の再放送を見ています。第1話を見て引き込まれてしまいました(笑)。

 オリジナルは、1981年秋から翌年の春まで半年間、毎週金曜日の夜10時から放送されていました。放映されていた曜日や時間を記憶していたわけではありませんが、インターネットで検索すれば欲しい情報が得られました。便利な時代です。
 当時は、まだ家庭用のビデオが普及していなかったので、見たいテレビ番組がある時には早々に帰宅してテレビの前に座ったものです。赤いシリーズやザ・ベストテンの日は、友達と約束しない、電話もしないのが暗黙の了解でした(笑)。

 ドラマが3ヶ月で完了するようになったのは、バブル期に入った頃からで、それまでの連続テレビドラマは、半年続くのが常でした。ドラマが半分の長さになったのは、人気俳優のスケジュールに合わせるためだとか、スポンサーが自動車や家電といった製造業からファッションやサービス業に移ったことで季節の変化に対応していくため、など諸説があるようです。


 古いドラマを週一度のペースで見ていると、随分スローテンポだったのだな、と思います。
 それとこれは「北の国から」が独特なのか、倉本聰さんの脚本の特徴なのかはわかりませんが、主人公の黒岩五郎だけでなく登場人物が必要最小限の言葉しか発しません。余計なことは話さない、時には必要なことさえも言い澱んでしまう姿に歯痒さと同時に気遣いが伺えて「日本人らしさ」を感じました。

 このシリーズが終わるのは師走。
 それまで週に1度のペースでのんびりと楽しもうと思っています。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-08-01 21:25 | 芸術


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧