日本一長い路線バス

 ゴールデンウイークに1泊2日で十津川村から熊野本宮神社まで出かけました。

 大阪から奈良県の五條市へ出た後、国道168号線を南下して十津川村を目指しました。
 山岳地帯に入ると168号線はくねくねと続き、対向車とのすれ違いに神経を使います。

d0087062_21375858.jpg



 いつの間にか、バスの後ろを走ることになりました。

d0087062_21383767.jpg


 バスの後ろに描かれた地図に、以前テレビで奈良交通「日本一長い路線バス」について見たことを思い出しました。
 高速道路を使わない路線としては、日本で一番長い距離を走るバス(全長166.9km、停留書の数167)で、確か途中休憩が2回あると紹介されていました。
 奈良県の近鉄八木駅を出発して、日本一大きな村十津川村を縦断して、紀伊山地の霊場と参詣道を走るバスは、和歌山県の新宮までを6時間半かけて走ります。鉄道もない八木駅から新宮までの紀伊山地を縦断して5,250円は、私には廉価に思えますが、いかがでしょうか。

 私たちの旅程は↓です(笑)。
d0087062_21390781.jpg

^O^/        
遊びに来てくださって、ありがとう


[PR]
by H_with_the_wind | 2017-05-08 23:59 | 十津川・熊野2017 | Comments(0)