ちいさい秋

 サトウハチローさんの「ちいさい秋」。
「だれかさんが、だれかさんが、だれかさんが見つけた…」で始まる日本の代表的な童謡です。

 昼間は蝉の声がしているというのに、日が沈むと日増しに虫の声が大きく元気になってきたように感じます。確実に夏が秋に取って代わられていくようです。こんな時、ふと口ずさむ歌が「ちいさい秋」だったりします。

 「ちいさい秋」の旋律は、懐かしいくせに私を不安にもさせます。幼児体験でしょうか。
 日暮れが早くなった頃、日没と共に気温が下がり、昼間は心地よかった風に寒ささえ感じます。虫の声だけがやけに大きく聞こえます。そんな夕方の時間帯は、母が台所に立ってしまいます。ひとりっ子の私は、テレビから流れる「ちいさな秋」の歌を聞いていました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-09-10 23:58 | 季節の中で


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧