重金属中毒症

 テレビ画面に映し出された衝撃的な映像。まざまざと思い出されます。世界貿易センタービルに飛行機が突っ込む姿も、煙を吐いていた建物が崩れていく様も…受け入れがたい現実を突きつけられた日。
 5年がたちました。

 今日のニュースで、アメリカ同時多発テロの被災地で遺体の捜索や瓦礫の撤去作業に従事した人たち及び近隣住民の健康被害が報告されていることを知りました。主に肺機能に異常が見られるそうです。
 原因はまだ確定してはいないものの、建物が崩壊する時に大気中に拡散した水銀、アスベスト、鉛などの重金属による中毒ではないかといわれているそうです。建物の崩壊時に大量の黒煙が道路を這っていたことを思い出します。

 あの惨事から5年たった今も身体や心の傷が癒えない人、新たな健康被害に苦しむ人が、一日も早く回復されることを祈ります。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-09-11 23:59 | 社会科 | Comments(0)