横田滋写真展

 先日、銀行へ出掛けた時に、近くで横田滋さんの写真展が開催されているのを知りました。北朝鮮に拉致された横田めぐみちゃんのお父さんです。全国で写真展を開催されている、とは聞いていましたが、これまで足を運ぶチャンスがありませんでした。
 めぐみちゃんのこと、忘れてはいません。北朝鮮の拉致という国家犯罪に対して無関心にはなれません。そんな思いを抱きながら、私も会場へ向かいました。大勢の人が訪れていました。静かな重い熱気が会場を包んでいます。

 可愛らしい「普通の女の子」がそこにいました。お父さんの構えたカメラに向かって笑顔でこたえる女の子。どうしてこの女の子が想像もできないような怖い思いをしなければならなかったのでしょう。

 拉致されたのは私だったかもしれない、私の娘かもしれない、そんな思いが消えません。めぐみちゃんが帰国できるように祈ること以外に、私に出来る事はあるのでしょうか。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-09-19 23:59 | 社会科 | Comments(0)