今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

世界史未履修

 パンドラの箱が開いてしまったようです。全国の高校で明るみに出た世界史未履修問題は、どこに着地するのでしょう。

 要領よく有名大学に受かった人たちが、将来、日本の牽引力になって行くのかと思うと、ぞっとします。

 できるなら最短距離で目標を達成したい、と思うのは誰しも同じです。でも、社会に出ると、愚直に日々の些事をこなし、我慢しなければならないことがたくさんあります。
 そういったことを踏まえて、最短距離を行こうとする者たちに、回り道を示すのが教師や親といった大人の役割です。校長先生の年代には、要領よく生きるためには手段を選ばなくても許されたのでしょうか。

追記 個人的には、高校の授業の世界史には不満でした。だって西洋史だったんですもの。中国の歴史やマヤ文明は、学校の外で学びました。

追追記 学習指導要領って、そんなにエライのでしょうか。受験の現実に即していない、と声を挙げることはできなかったのでしょうか。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-10-30 22:07 | 社会科 | Comments(0)