HAPPY HALLOWEEN

ここ数年、ハロウィーンが日本の行事として浸透してきました。アメリカからきたテーマパークが積極的に取り入れたこと、幼児対象の英語教室の普及と共に広がっていったこと、とニュースでは分析されていました。

 元々、ハロウィーンは、ケルト人の万聖節前夜のお祭りで、日本のお盆にあたる行事です。

 私は、映画「E・T」でハロウィーンについて知りました。
 ハロウィーンの日、主人公のエリオット少年は、E・Tを母船に帰そうとします。日が暮れようとする頃、子供たちだけでなく大人たちも仮装して街に出てくる中、ひとりの少年が母親から「うちには関係がない」と、言われるシーンがあります。映画を見ている人には、この家庭がユダヤ教だ、と判ります。

 日本人は、宗教行事に寛容です。お正月には神社に参り、教会で結婚式を挙げ、葬儀は仏式です。古来、日本人は万物に魂がある、と考えました。八百万の神、という言葉からわかるように、日本人にとって神様はひとりではありません。「神」に関して、自らの信仰とは別に頭を下げて敬うのが日本人です。
 ケルト人がどんな人たちなのかも知らないまま、ハロウィーンのお祭りを受け入れる、それも日本人の懐の深さなのかもしれません。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-10-31 22:11 | 季節の中で | Comments(0)