関ヶ原の戦い

 NHK大河小説「功名が辻」では、日本史のビッグイベント「関ヶ原の戦い」の決着がつきました。

 日本史の教科書風にいうと、豊臣秀吉の死後、政権争いで徳川家康を中心とする徳川派と毛利輝元を総大将とする石田三成派が対立し、関ヶ原で戦いがおこり徳川派が勝利しました。
 簡略過ぎるほどに簡潔で、無味乾燥です。

 関ヶ原の戦いは、6時間で決着がついたそうです。河川が、流れる血で赤く染まったというエピソードが壮絶な戦を物語っています。日々の中で6時間は、長いかもしれませんが、その後の日本史を方向付ける戦が6時間で決まったかと思うと、何だか呆気ないようにも思えます。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-11-10 23:21 | 社会科 | Comments(0)


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧

最新のコメント

✩さくらさん ホント、..
by H_with_the_wind at 16:26
木陰のベンチやラグで読書..
by さくら at 01:03
✩チェイルさん ありが..
by H_with_the_wind at 19:06