兵馬俑展3

 「始皇帝と彩色兵馬俑展」のサブタイトルに、「司馬遷『史記』の世界」とあります。兵馬俑以外にもたくさんの遺物を見ることができました。

 会場へ入ると、最初に史記が書かれた竹簡のレプリカが展示されていました。一行27cmといいますから案外小さな物ですね。ぎっしりと漢字が書かれています。紀元前100年頃、竹簡に書かれた歴史書が脈々と受け継がれ、翻訳されて、今私たちも読むことができるのです。

 金製品には、目を奪われました。純金製の帯鈎(帯留め)、金虎符(軍令などを発する際の使者の証)、玉環金鋪首(金製の獣面と玉製の円環でできた鋪首: 鋪首は扉のノブのことで魔除けの役割をしました。和箪笥の引き出しについている取手にその名残を見ることが出来るのだと思います)。トルコ石をはめ込んだ金の柄をもつ鉄剣などなど。
 金やトルコ石は輝きを失っていません。

 私が思わず声を上げたのは、銀臥鹿です。スキタイの影響を受けたものだと、素人の私にも一目でわかりました。
 スキタイは、ウクライナ地方を中心に紀元前8世紀から3世紀に活躍した最初の遊牧民族国家です。その彼らの遺物のシンボルが「鹿」で、私もロシアのエルミタージュ博物館で見ました。
 スキタイは、紀元前5世紀から5世紀までユーラシア大陸の北東部シベリアまでをその行動範囲とした匈奴と交易があったのでしよう。匈奴は、常に南方の諸国を脅かし、それが為に秦の始皇帝は万里の長城築城に至ったのです。

 古代の様々な文化交流の痕跡を見ているうちに、エルミタージュ博物館に来ているのか、正倉院展に来ているのかわからないような興奮の渦に巻き込まれていきました。

 明日もまだまだ続きます。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-11-30 23:59 | 社会科 | Comments(0)