忘年会

 次女のクラスのお母さんが集まって忘年会でした。参加者は11人です。

 小学校6年生の次女のクラスは、皆仲良しです。これまで問題があった、と聞いたことがありません。娘も毎日元気に登校しています。
 クラス中が男女の意識もなく未だに「友達」感覚です。担任の先生もそんな子供たちを微笑ましく見守って下さっていましたが、卒業式が視野に入るようになったこの頃では中学校でやっていけるのか、と心配して下さっています。

 子供たちの関係は、親にも敏感に反映されるようです。お母さんたちも皆、仲良しです。私も娘もメンバーに恵まれた幸運を実感しています。

 お母さんの忘年会では、娘を通して聞くことのできない意外なエピソードが聞けますから、多少無理をしてでも行く価値があります。
 2時間半、中華料理と尽きないお喋りで師走のひとときを過ごしました。

 もちろん、解散後は、心地良い余韻に浸りながらも皆一様に自宅までダッシュでした。

 今週は3回もお食事会に誘われて嬉しい悲鳴です。もちろん皆勤賞です。
 せっかくのビーバランサーの体験を意味がなかったととるか、プラスマイナスゼロととるか?

[PR]
by h_with_the_wind | 2006-12-15 23:59 | 季節の中で | Comments(0)