受験生の母

 スーパーで友達に会いました。久しぶりの挨拶の後、
 「息子さんの大学、決まった?」と、聞いてしまいました。息子さんは確か大学受験一浪中です。
「それがねえ、昨日の試験で大失敗したらしいのよ…」
  あらら、聞くのではなかった。小さな後悔が芽生えました。

「…もうここって決めたらその大学しか眼中になくて、そこしか受験しないのよ…」
  あれれ、何か変です。友達は、ひとりで喋り出してしまいました。

「まただめだったら、来年はどこでもいいから、いっぱい受けて欲しいのだけどね。……予備校の先生は、今年もだめなら志望校をかえましょうかっておっしゃるのよ…」

 そうか、お母さんも息子さんと同じくらい不安なんですね。きっと誰にも喋れずに鬱々としていたのでしょう。周りも気を遣って受験のことには触れないようにしているのでしょう。私だって突然、スーパーで会わなければ口にしなかったと思います。
 「おめでとう」と言うつもりで聞いて、内心後悔したけれど、お母さんのガス抜きになるのなら、聞いて良かったのかもしれない。
 でも、昨日の試験で、結果はまだだから、だめだめって言わないでくださいよ。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-03-13 23:59 | わたし


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧