地震

 朝からメールチェックをしていました。と、何だかふらふらした感覚に襲われました。貧血かな、と思いながら少し遠くに視線を移してみました。でも、やっぱり奇妙な感覚が消えません。
 「地震?」声に出してみました。
「地震やね」と、夫の声が返ってきました。台所のタオルが揺れていました。
 揺れは小さいままですが、随分、長く続きました。
 何処かで大きな地震が起こったのかもしれません。
 震源地からは遠いだろう、と思いつつも、揺れが大きくなるかもしれない、と身構えていることを自覚しました。12年前の地震がフラッシュバックしました。嫌な感覚です。

 能登半島が震源の大きな地震だった、と知るのにさほど時間はかかりませんでした。起こったことに関する情報の早さには驚くばかりです。が、地震に関して、危険地域から退避できるくらい事前に予知する、ということは様々な面で難しいことなのでしょう。

 末尾ながら被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-03-25 23:59 | 社会科 | Comments(0)