坂本直行さん

 坂本直行さんをご存知でしょうか。
 高知の「坂本龍馬の生まれたまち記念館」の女性から
「桂浜へ行くのなら、ちょうど今、坂本龍馬記念館で開かれている直行(ちょっこう)さんの展覧会へお行きなさい。今月いっぱいで終わりますからね」と、薦められました。

 直行さんは、北海道の画家です。北海道の銘菓「ホワイトチョコレート」や「マルセイバターサンド」で有名な六花亭の包装紙の「はまなし」や「ふきのとう」の鮮やかな絵を描いた人です。
 でも、どうして旅行者である私たちに直行さんの展覧会へ行くことを薦められるのか、と思っていると、女性は秘密を打ち明けるように、
 「直行さんは、坂本龍馬の甥・直寛さんの孫にあたる人なんですよ」と、教えてくださいました。

 坂本龍馬が、脱藩後、蝦夷地開拓の夢を見ていたことは、書簡として残っています。龍馬が果たせなかった蝦夷への夢は、甥御さんが継がれたようです。

 南国で北海道の雄大な景色を描いた人の絵画を見る、この意外性も旅の楽しさでしょうか。
 これから六花亭の包装紙を見るたびに私の思考は飛躍して幕末の志士へと飛んでいくことでしょう。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-04-04 23:59 | 芸術 | Comments(0)