木曽路

 「きよのさん」と歩く江戸六百里」を読んでいたら、学生時代に親友とふたりで木曽路を歩いたことを思い出しました。

 島崎藤村の「夜明け前」、木曽路はすべて山の中である…、の書き出しの文章に惹かれて、
「じゃあ、歩いてみよう」と、単純な動機で出掛けました。

 「これより南 木曽路」の標識で写真を撮り、ご機嫌に出発しましたが、木曽路で一番の難所といわれる鳥居峠の山越えには苦労しました。

 それでも、山の空気というのは、人間を大らかにしてくれます。歩く、という単純な行為が、人間をシンプルにしてくれます。
 ひたすら歩くしかないので、いっぱいお喋りもしました。

 お金はないけど時間はたっぷりあった青春時代。懐かしい思い出です。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-14 23:59 | 思い出話


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧