はしか   

 関東地方を中心に「はしか」が流行しています。
 すでに休校を実施している大学があるそうですが、早稲田大学でも「はしか」を理由に休校措置がとられた、とテレビのニュースで言っていました。ニュースでは続いて、過去に予防接種をしていても年月と共にその効力が低下する、とも解説していました。

 1989年生まれの長女は、MMRの予防接種をしています。
 MMRは、はしか(麻疹)、風疹、おたふくかぜの混合ワクチンです。日本では現在、無菌性髄膜炎が問題化したことから中止されています。

 1989年4月から乳幼児の予防接種には、MMRが適用されました。
 が、副作用については、当時も随時報道されていました。それでいて、単独でそれぞれの予防接種を受けるチャンスは、少なくとも私の周辺ではありませんでした。

 MMRを回避しようと予防接種を受けなかったかつての子供たちが、今回、罹患している、ということはないのでしょうか。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-21 23:59 | 社会科 | Comments(2)
Commented by non non mama at 2007-05-24 16:05 x
そうらしいですよ!(TVのニュースで言ってました)色々な予防接種が任意になった時期だと思います。
国の無責任な対応で今回の様な問題が発生したのかしら・・・?
カワイソウなのは子供たちです!
Commented by h_with_the_wind at 2007-05-24 22:32
♪non non mamaさん
インフルエンザの予防注射の時にも思いましたが、学校の保健室って重要な役割を果たしていたのですね。
自己責任で丸投げされても、ことに子育てにおいては、迷う事が多いですよね。 風懐