ソチ

 2014年の冬季オリンピックがロシアのソチで開催されることに決まりました。
 ソ連崩壊から15年、ロシアの治安が安定したことを世界が認めたひとつの証でしょうか。

 ソチは、黒海沿岸の比較的温暖な気候に恵まれた風光明媚な土地と聞いています。ソ連時代から、避暑ならぬ避寒の地として歴代書記長が静養するところでした。
 地図で見ると、かつてソ連邦としてアメリカと対立していた頃と比較して、ロシアはその領土をずいぶんとやせ細らせたものです。
 ロシア帝国として領土を拡大することに執着していた時代には、南下政策は悲願でした。ソ連崩壊後、カザフスタン、ウクライナをその独立で失い、現在のロシアにとって最南端に位置する都市のひとつソチは、黒海へ通じるどうしても守りたい領土に見えます。
 ロシアでのオリンピック誘致のため、プーチン大統領が陣頭指揮をとったと聞きます。ソチをロシアの候補地として選んだのは、ロシアにとって死守したい境界線を世界に向けてアピールしているように感じたのは、私の思い込みでしょうか。
 ともあれ、ソチでの冬期オリンピックが、世界中の国が参加する祭典になることを期待しています。

 ところで、その頃、私は何をしているのでしょう。まだブログを続けることができているでしょうか。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-07-06 23:59 | 社会科 | Comments(2)
Commented by non non mama at 2007-07-09 10:35 x
おはよ~!私の浅い知識では、ロシア=寒い しかなかったのですが、ニュースでソチを見て 避暑地・・エッ・・ここってロシア???
でした。チェチェンの近くですよね。治安が安定したのですね。
風懐さん どうしたの?最後の文章気になります・・・
どうしたのかな~?お疲れですか?
Commented by h_with_the_wind at 2007-07-10 09:23
♪non non mamaさん
あーー、元気ですよ。ご心配をおかけしてごめんなさい。
ソチでオリンピックが開催されるのは、7年後ですよね。5年後位までは何となく予想もできるのだけど、それ以上になると私の想像のキャパシティーを越えてしまうのです。モジモジ…
7年後、って微妙な未来だと思いませんか?